2011年01月18日

英語の人が書く英語

「英語の人」と言うのは、ネイティブ イングリッシュ スピーカーの事です。

本日、仕事がお休みでした。昼まで寝ていて、その後近所のTESCOへ食料品の買い出しに行った以外は家にこもって洗濯したり、友人で、英語の人から頼まれた事をやったり。あ、あと職場のPaulから頼まれた事もやってあげたなぁ。すべて、コンピューターと向き合う仕事ですが。

で、本日の本題です。英語の人であるアメリカ人の友人が、仕事をアプライするのにカバーレターが必要との事。で、そのカバーレターの下書きを送るから、それを校正してファイナルバージョンを作って欲しいとの事。:O 「えええ〜。」でしょう?そのご本人は英語の人(生まれも育ちもアメリカ)で、私はお箸の国の人なのに。

事の起こりは、こんな感じです。以前その友人のカバーレターと言うものを見せてもらった事があるのです。その時に、「あれ、ここ、ピリオドが抜けてるよ。」「なんでここ、大文字で始めるの?小文字が正しいんじゃない?」「なんでここでコンマを打つの?いらないよ。」「ひょっとして、見直ししてないでしょう?ちゃんと最終チェックしてから提出しないと採用されないよ。」などと気軽に言ってしまったら、「いつも妹に見直しをお願いしていて、今回もGoサインが出たからアプライしたのに!あの仕事をゲットできなかったのは、あのピリオドが抜けてたせいだ。妹に頼り切った自分が馬鹿だった。」などと言いだし、今後はしっかりしなきゃって言うのかと思ったら、"自分の周りで英語のグラマーが一番出来るのはsamamsaだから、今後チェックをお願いして良い?”となったわけなんです。

何も考えないと、「冗談でしょう?」って思っちゃいますよね。でも、これを日本人の私達の事に置き換えて考えてみると結構納得できます。事務系職ではなく、普段書類を書き慣れていない人や、もともと国語が苦手だった人、物を書く事が苦手な人、社会に出ていないような若い子達が書く文章ってきっと「うわ〜。」ですよね。そういう人達より、長年、一生懸命、真面目に日本語を勉強している外国人が書く文章の方が文法的に正しいであろうと言う事は想像できます。だって彼らは日本語を理論立てて勉強していますもんね。また、例えば私の母が携帯でメールしてきた文章が良い例です。「なんでここに小さい"っ"が入るんだろう。」とか、「この送り仮名間違ってる。」とか、「どうも、ぎこちない口調だなあ。」などと思いますもん。(別な意味で、母からの携帯メールには爆笑させてもらう事が多いんですけれど。)

英語の人も同じです。アメリカ人だからと言って英語が完璧ではないのです。話している限り、お互い意味が通じるし瞬間的な出来事だから、そんなに酷い事にはならないのかもしれません。ただ、話し言葉と書き言葉は違うわけで、いざ書き始めると「ええー。この人の英語って…。」と言う事が起こるのですね。

実際今日も、その友人は「medium(媒体)」と言う単語の複数形を意味して、「mediums」を使っていました。これ、誤りのはず。英語で「mediums」と言うのは、「霊能者」のことなんです。媒体を意味するmediumの複数形は、「media」なのです。これを話したら、「違うよ〜!mediaと言うのはTVやラジオなどのマスメディアの事だよ。」だって。確かにそうです。でも、マスメディアの他に、medium(媒体)の複数形の意味もあるんだよって教えてあげたら、超・半信半疑で辞書をお引きになり、「Wow. You are right. How do you know?」だって。笑。

まあこれは一例ですけれど、英語の人に英語の文法を教えてあげたり、カバーレターを書きなおしてあげたりなんて人生で初めてしたので書きとめてみました。

ところで、medium, media, mediumsの件、私間違っていないですよね?間違っていたら教えてください。
posted by samansa at 11:25| Comment(3) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのCover Letter、なおしてあげても、カバーレターってその職によって
一個づつ諸所を書き換えない???(私は仕事の内容によっていちいち
変えるけど・・)すると、そのアメ友の方は、いちいち書き直してもらうか
それともまさか、間違ったまま送る・・・とか???(爆笑)

って人の事いえないわ。私は自力で作って、間違ってるところの方が
多いんだから、ああ、それで面接も来ないのかも・・・涙
Posted by しげ美 at 2011年01月18日 16:04
しげ美さん

へろー。

そうだよ、昨日はカバーレター2つ、proofreadしてあげました。いちいち書きなおしてあげて・・・。それも何が言いたいのか、わからないところ多いから、スカイプで話しながら。

それにしても、本当に私の英語でOKなんだろうかって、不安になるけど、Very good, perfect. You did a great job.って言うんだよね。ホンマかいな。
Posted by samansa at 2011年01月18日 19:24
「英語の人」という言葉は差別です。
Posted by at 2012年02月09日 01:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。