2010年10月30日

Halloween/ハロウィーン

今年はウィークエンドにハロウィーン。レストラン、バー、クラブなどは稼ぎ時ですね。ところがUKは・・。

クリスマス一直線。クリスマスライトもちらほら。ハロウィーンなんて、ほとんど無視です。普段は18時でお店が閉まってしまうニューカッスルシティセンターでは、今週に入ってからクリスマスまで、営業時間延長が始まりました。と言っても20時迄ですが。

カナダに居た頃、ハロウィーンは一大イベントでした。コスチュームを着て、バーホッピングは当たり前の事。コスチューム選び&作りにどのくらい時間を費やしたことか。でも、英国はちょっと違うんです。サマーホリデーが終わり9月末になると、次のイベントであるクリスマスに向けて行動開始です。(早すぎ〜)ですから、今はクリスマス商戦中。ハロウィーングッズは、お店の片隅に少しだけです。こちらのハロウィーンって、子供たちの為のちょっとしたイベントと言った感じなんでしょうか。私自身、英国でハロウィーンをやった事が無いのでわかりません。

ついこの間、アメリカ人の友達にこの話をしたら、「えええー、ハロウィーンも終わっていないし、その次のサンクスギビングも終わっていないのに、USではクリスマスの話なんか出やしないよ。」って。「イングランドって、やる事ないんだね。」とまで。そう言われると、そうだなと思ってしまいます。そして、アメリカやカナダのクリスマスが一大イベントではないと言うわけではありません。これ又、すごいですから。もちろんクリスマス商戦もすごいけれど、クリスマスライト等の飾り付けも半端じゃないですからね。これもまた、英国の比じゃないと思います。まあ、どちらが良いとか悪いとかと言う話ではなく、国民性なんでしょうかね。

そして、こんな記事を見つけました。北米のハロウィーンがスタンダードになっていた私、
これで納得。英国のハロウィーンが地味というか、無きに等しいのも無理ないわ。でもこれでも年々ハロウィーン売り上げはあがっているんですね。ふ〜ん。でもちょっと寂しいです。

BBCニュースより:
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-11647319
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-11640412
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。